エメラルド寺院(ワットプラケーオ)

エリア

バンコク

正式名称はワット・シーラッタナーサーサダーラーム(英語:Wat Phra Sri Rattana Satsadaram)はタイのバンコクにある仏教寺院。王宮の敷地内にあり、タイ王家の菩提寺となっている。
通称ワット・プラケーオ(英語:Temple of the Emerald Buddha)。

1784年ビルマ軍進攻に備え、ラーマ1世がトンブリ王朝を現在のクルンテープ・マハナコーンへ移されるのと同時に、当時の建築技術を最大限に利用して建設された。

プロマピマーン宮殿やチャクリー宮殿などと接する。本堂にはエメラルド仏が安置されている。
この仏像はラマ1世がラオス遠征の戦利品として持ち帰ったもの。王室専用の仏教儀式の場であるため寺には庫裏などの僧侶が生活するための施設がなく、僧侶もいない。
現在は観光地にもなっていて、国内外から毎日たくさんの旅行客が訪れる。