クウェー川鉄橋

エリア

カンチャナブリ

軽快で覚えやすいメロディーの名曲「クウェー川マーチ」で有名となった、映画「戦場に架ける橋」。
この戦場に架ける橋というのはクワイ川鉄橋のことで、今もタイ国鉄の線路の一部として使われています。
クワイ川鉄橋は、その泰緬鉄道がただ一度だけメクロン川(現在は鉄橋の名前にちなみクワイ・ヤイ川と改名されています)を渡る箇所に架けられています。橋脚と橋脚のあいだを小さい曲線の鉄製のアーチを
連ねてくみ上げることによって橋を支える、トラス橋と呼ばれる構造の橋です。
真ん中の3つ分のスパンが太平洋戦争末期の連合軍の空爆で陥落して、その場所だけ四角いトラス2スパンで再建されています。真ん中の部分だけ形が違い、また橋脚の間隔が広いのはそのためです。
映画ではクワイ川鉄橋は木で組み上げた不思議な形の橋が出てきますが、これは別の場所で撮影用に作られたものです。