ムエタイ観戦

エリア

バンコク

14~18世紀に栄えたアユタヤ王朝はその当時、常に隣国・ミャンマーによる侵略の危機にさらされていました。その中で編み出されたのが、素手で敵兵を倒すための武術「ムエタイ」です。
誕生から数百年の歴史を持つこの格闘技は、全身各所を武器として駆使するためか、立ち技では世界最強の格闘技と評価が高い。
また現在、タイの国技に相当するムエタイはその荒々しさとは別にタイ人からは日本で言うところの相撲の様なとても神聖なスポーツとして受け入れられています。
ムエタイの試合会場はバンコク市内であれば「ラジャダムナン・スタジアム」と「ルンピニー・スタジアム」が特に有名で、ともにランキングとチャンピオンを設定しています。
(毎日どちらかの試合会場が開かれています。)
キックボクシングと見た目は似てはいるのですが、実情はルール、判定方法が大きく違います。
まず、試合の前には必ずワイクルーを踊ります。試合中も音楽が流れ、選手達はこのリズムに体をあわせながら、戦います。ルールにおいては、インターバルがキックボクシング1分なのに対し、ムエタイは2分。基本的に5ラウンド戦います。判定では、ヒジ、ヒザのポイントがとても高く、パンチよりキックの方が高いという傾向があります。観客の声援も独特で、総立ちで声を限りに声援を送っています。また、インターバル時にラウンド数を書いたボードを掲げてリングに上がる「ラウンドガール」はムエタイには存在していません。