ワット ロカヤスタ

エリア

アユタヤ

タイのアユタヤ県にある仏教寺院の廃墟。短くは「ワット・ローカヤスター」とも言われ、日本のガイドブックなどでは、「ワット・ロカヤスタ」などの表記が多い。
建設は後期アユタヤ王朝中期で、当時は他の仏教施設もあったという。アユタヤ王朝陥落時1767年に大部分がビルマ軍(旧ミャンマー)軍の破壊に会い、現在は涅槃仏 のみが残る。
涅槃仏は穏やかな表情と人間味ある姿形で、北方を向いて寝ている。
その全長は約28メートル、高さは5メートルある。建築は煉瓦で形を作ってのちに漆喰で固めた物である。