大理石寺院

エリア

バンコク

1899年にラマ5世の命で建立されたワットベンチャマボピット。
この寺院は、屋根瓦を除くすべてがイタリア産の大理石で造られていることから、大理石寺院と呼ばれている。
建物は左右対称になっており、オレンジ色の瓦が使われた3層の屋根と、白い大理石の壁の組み合わせが美しい。
大理石の使用だけでなく、ローマ様式の柱や、窓にはめ込まれた仏陀のステンドグラスなどがあり、タイ寺院のなかでは異彩を放つ美しい印象である。
内部に安置された黄金の仏像は、ピサヌロークにある有名なプラブッタチナラートを模したもの。
その台座には、ラマ5世の遺骨が納められています。