泰緬鉄道

エリア

カンチャナブリ

この鉄道の建設は20世紀初頭の英領ミャンマー時代にイギリスが検討していたが、地形が複雑で建設を断念した。
戦時中、旧日本軍は海上輸送の危険を避けるべく1942年、ミャンマー戦線の物資輸送のためのルートを確保するため、建設を開始した。
(イギリスが検討した複数の案の内の1つを踏襲している。)
建設は迅速さを要求されたためミャンマー側・タイ側両方から開始した。
ミャンマー・タイにはすでに多少の鉄道が建設されておりタイ側はノーンプラードックから、ミャンマー側からはタンビュザヤより建設を開始した。
建設の作業員には日本軍1万2000人、連合国の虜6万2000人、半強制的な「募集」で集まったタイ人数万(未知数)・ミャンマー人18万人・マレーシア人(華人・印僑含む)8万人、インドネシア人(華僑含む)4万5000人の労働者が使われた。
建設現場は劣悪で特に工事の後半は雨季にも拘らずさらなる迅速さが要求され、食料不足からくる栄養失調とコレラやマラリアにかかって死者数が莫大な数(日本側とタイ・ミャンマー側の調査で食い違いが出るが、約半数と言われる)に上り、戦後に問題となった。
特にヘルファイアー・パスと呼ばれる断崖絶壁の未開発の地帯では、工作機械不足と突貫工事による人海戦術のため死者が多かったという。
これらの労働者の多くの犠牲のもと、何年も掛かると言われた建設が翌年10月には完成した。その後必要性の低さ(英国はシンガポール港の重要性を下げる要因になると考えた)、メンテナンス・コストの高さから、ミャンマー側では全線とタイ側では国境から3分の2にあたる一部のレールを撤去した。
なお、在置部分はタイ国鉄南部線の支線、ナムトック線として運行されている。