涅槃仏寺院(ワットポー)

エリア

バンコク

正式名称はワットプラチェートポンウィモンマンカララーム。

マハラート通り、王宮の隣にあります。
ラマ1世が仏教僧に仏教学習をさせるために建てられた古い寺院です。
この寺院はラマ3世時代に全て新しく修復され、市民に対して知識を与えるため様々な分野の学術専門書が持ち込まれました。
このことからワット・ポーはタイ国での最初の大学だと言われています。この他にもワット・ポーはタイマッサージの総本山としても有名です。
バンコク一大きな境内と古い歴史を持つこの寺院の見所は全長46m、高さ15mの巨大な寝釈迦像です。
この寝釈迦像の足の裏には仏教観を螺鈿細工で表した108の図が描かれています。