黄金仏寺院

エリア

バンコク

チャイナタウンの中心に位置するこの寺院は、1238年に建立された当初は、特に見どころもなく平凡な寺院でした。
この何の変哲もない寺院が一躍有名になったのは、純度60㌫の金で作られた高さ3m、重さ5.5tの時価120億円の世界最大級の黄金仏像が来てからです。
この本尊に置かれている仏像は市内の廃寺からワットトライミットへ移転される直前まで、盗難防止のため仏像全体が漆喰でカモフラージュされていました。
この偽装工作は完璧であったようで、本堂内の飾られている古い写真を見ると泥棒が盗む気になれないほど、仏像の顔が歪んでいました。
しかし、誰もが疑わない見事なカモフラージュであったためだれからもすっかり忘れられてしまい、朽ち果てていく寺と共に長い年月にわたって打ち捨てられていました。
1953年に廃寺から移転されることとなりましたが、同年5月に移転への作業が開始されたのですがこの醜い仏像は、図体のわりに重量がありました。
取りあえず寺の外に出したものの、予想以上の重さのため吊り上げたクレーン車が壊れてしまい、しかたなく仏像は、外に放置されたまま作業員はその日の移送を諦めて家に帰ってしまいました。
その晩、ちょうど嵐になってしまい仏像は一晩雨と風にさらされることとなりました。翌朝、関係者が作業を再開しようと近づいてみると、雨ではがれた漆喰の中から黄金仏が偶然発見された。
スコータイ時代の作とされており、ビルマ軍からの略奪を防ぐために、漆喰で塗り固められたと推定されている。