タイ王国基本情報

  • 国名
  • タイ王国 (タイ語名:プラテート・タイ/英語名:Kingdom of Thailand )
  • 首都名
  • バンコク (タイ語名:クルンテープ・マハーナコーン 英語名:Bangkok)
  • 地理
  • 東南アジアの中心に位置し、国土面積は約51万4000平方キロメートル(日本の約1.4倍)

    ミャンマー(ビルマ)、ラオス、カンボジア、マレーシアと国境を接しています。
  • 気候
  • 温帯~熱帯性気候
  • 人口
  • 約6000万人

    民族的には、タイ族が約85%、中華系が10%、他にモン・クメール系、マレー系、ラオス系、インド系が暮らしており、山岳部にはそれぞれの文化や言語をもった少数民族が暮らしています。
  • 政治体制
  • 国王を元首とする立憲君主制  国王(ラマ10世/ワチラーロンコーン国王陛下)
  • 言語
  • タイ語

    日常会話では地方によって方言があり、山岳部の少数民族は独自の言語を使用しています。観光地のホテルやレストランでは、英語も通じます。
  • 通貨
  • バーツ(Baht)
    補助通貨サタン(1バーツ=100サタン)
  • 宗教
  • 上座部仏教(小乗仏教)95%、イスラム教3~4%、その他1~2%
  • 日本との時差
  • 2時間 (GMT+7時間)
  • 国花
  • ゴールデン・シャワー
  • 主な都市
  • バンコク・プーケット・チェンマイ・アユタヤ・パタヤなど
  • 世界遺産
  • 1.古代都市スコタイと周辺の古代都市群
    (文化遺産/1991年登録)
    2.古代都市アユタヤと周辺の古代都市群
    (文化遺産/1991年登録)
    3.トゥンヤイ ファイカケン野生生物保護区群
    (自然遺産/1991年登録)
    4.バン・チアンの古代遺跡
    (文化遺産/1992年登録)
    5.ドン・パヤーイェン-カオヤイ森林群
    (自然遺産/2005年登録)
  • タイの気候
  • タイでの気候は温帯~熱帯気候になっており、年間の平均気温は約29℃となります。タイ国内の季節は大きく3つに分かれています。
  • 乾季:11月~02月
  • 1年のうちで最も過ごしやすい季節、バンコクの平均気温は27℃位で日陰に入れば心地良い気温になっている。昼と夜の気温差が大きいため夜に外出する方は長袖のシャツ等1枚余分に持ってきておいたほうがいい。
  • 暑季:03月~05月
  • 一番暑いのが4月で平均気温は30℃。しかし湿度が低く乾燥したシーズンでもあるので、日陰に入ればそれ程暑くはありません。しかし照りつける太陽は圧倒されそうな威力をもっています。
  • 雨季:06月~10月
  • 6月になると雨期に入ります。以前は一日に一回大地を叩く豪快なスコールがありましたが、自然破壊や都市構造の変化でそれほどでもなくなりました。しかし以前ほど豪快でないにしろ、毎日30分から1時間位は降雨がありますので、蒸し厚い時期です。